logo

移民反対の映画

年ごろから、アフリカ大陸からイタリアに渡ってくる移民の数が増え続け、年はピークの18万人以上になりました。 私が住む町でも、アフリカ系の人たちの姿を多く見かけるようになったり、現実に移民の波が確実に来ているのだなと感じることがあります。 その一方で、ここ10年間の経済不況などで、イタリア国民の貧困もよく耳にします。 今回は、この二つの問題を取り上げたいと思います。 ※1ユーロ=132円で計算しています。. 多くの移民が、仕事のため他国へと移り住む。初めこそ就くべき仕事があるのだが、その仕事が確実に継続するかは別問題なのだ。 アメリカの小さな町を舞台とした『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(・ラース・フォン・トリアー監督)の主人公は、チェコスロバキアからの移民セルマ(ビョーク)である。 町の工場で働きながら、幼い息子ジーン(ヴラディカ・コスティック)と暮らしている。決して豊かではない。ただ、同じように貧しいながらも健気に生きる仲間と語らい、笑い合って働く。同僚の一人キャシー(カトリーヌ・ドヌーヴ)には、いろいろと相談にも乗ってもらうのだ。 セルマは、目の病気にかかり、仕事でミスを連発するようになる。息子もまた同じ病気にかかっているため、何とか息子だけは手術を受けさせたいとお金を貯めていく。やがてセルマは工場をクビになる。さらに、親しくしていた警官ビル(デヴィッド・モース)に貯めていたお金を盗まれてしまう。そのことで、言い争い、もみ合っているうちに、ビルの持っていた拳銃が暴発。ビルは死亡する。セルマは逮捕され、移民であるがため、裁判も不利な展開となっていく. 6%から23%へと増加しました。 イタリア国立統計研究所では、年から年の約10年間で、絶対的貧困層が人口の3. 移民反対の映画 年の統計では、平均年収は20,940ユーロ(276万4,080円)です。収入の一番高い州は、ミラノがあるロンバルディ州で24,750ユーロ(326万7,000円)、一番低い州は、カラブリア州で14,950ユーロ(197万3,400円)となります。 年の所得税申告の半分が、15,000ユーロ(198万円)を超えてないという報告もあります。 納税者の45%が、年収15,000ユーロ(198万円)から50,000ユーロ(660万円)の範囲にいます。 年の平均月収は、1,580ユーロ(20万8,560円)です。ヨーロッパ連合の平均月収が2,000ユーロ(26万4,000円)と言われていますので、それ以下になります。 ちなみに、私の夫は月1,700ユーロ(22万4,400円)で、2ヶ月のボーナスをもらっています。 そして、失業率は年6月の統計では、10. マルキンがチャーリー・カークの日本の移民政策批判・難民流入擁護を非難 こちらの動画の女性は共和党の支持者のようだが、同じく共和党支持者として有名なチャーリー・カークという人の発言に対してかなり激怒している様子。このカーク氏という人物がどうやら日本の移民政策について.

「移民政策はとらない」としつつ外国人受入れを拡大し続ける、という最悪の移民政策 移民反対の映画 移民受け入れを拡大し続けるのであれば何が問題なのかを. . イギリスの、有名日本食レストランのホームページに 移民反対の映画 「今まで年間無休で365日営業してきたが、①人手不足②移民政策の厳格化の理由から、一週間に一日を休業する」 との説明があった。 年中無休:365日、12時から24時まで営業 Open 12 till 12, 365 days a year Sadly, due to staff shortages as a result of Government. 『レ・ミゼラブル』は、彼にとって初の長編で、年に撮った同名の短編を展開した作品だ。ラジ・リは長年にわたって、レ・ボスケ団地で頻発する警官の過剰な武力行使の場面をビデオに収める活動を続け、本作もそれらの事件から着想を得ている。 ただしこれはドキュメンタリーではなく、劇映画だ。モンフェルメイユやクリシー・ス・ボワでロケを行い、プロの俳優陣に加えて地元の少年少女を起用し、極めてリアルに描かれているが、巧みな設定や人物描写、ストーリー展開、カメラワークがドキュメンタリーにはない強烈な魅力を放っている。 低家賃住宅が立ち並ぶパリ郊外の現状がリアルに描かれる ©SRAB FILMS LYLY FILMS RECTANGLE PRODUCTIONS 冒頭で映し出されるのは、年サッカーW杯の決勝でフランスがクロアチアを下し、歓喜に湧くパリ・シャンゼリゼ大通りの光景。モンフェルメイユから繰り出した少年たちもこのお祭り騒ぎに加わっている。地球の反対から私たちも見たニュース映像そのままの、凱旋門を背にあちこちで三色旗が振られ華やぐパリだ。しかしそこから20キロ先にはゲットーがある。郊外電車と路線バスを乗り継ぎ1時間半もあれば帰り着ける、彼らのホームタウンだ。 モンフェルメイユの子どもたち。サッカー・フランス代表、セーヌ・サンドニ県育ちのキリアン・エンバペは地元の誇りだ ©SRAB FILMS LYLY FILMS RECTANGLE PRODUCTIONS そこでは、麻薬密売と売春と違法カジノが横行し、子どもたちが崩れたアスファルトの上でサッカーをしながら、パトロールに来る私服警官を見張っている。町外れの空き地にはロマのサーカス団が暮らし、イスラム教の礼拝所ではイマーム(導師)が過激な説教をしている。ケバブ屋を営むのは、ムスリム同胞団に入って更生したかつての犯罪者だ。安物の服や日用品から盗品まで売る露店が並ぶマーケットには、「市長」のあだ名で呼ばれる顔役がにらみをきかせている。 モンフェルメイユを管轄する警察の「犯罪防止班」(BAC)。クリス(中央)が「市長」こと地元の顔役に詰め寄る。市長が着るフランス代表ユニフォームの背番号93はセーヌ・サンドニの県番号だ ©SRAB FILMS LYLY FILMS RECTANGLE PRODUCTIONS 物語は、そんな「無. もちろん、移民受入には複数あるというか、 様々な「段階」があります。 「移民の定義が一年以上いる外国人 ということは、留学生も移民なのか!?」 と、反発されてしまうのですが、 留学生も移民です。 移民反対の映画 もっとも、移民反対派筆頭たる三橋にしても、.

移民は大反対です。 日本は島国ですから、異人が大量に入ってくることを受け入れられません。これまで、国内の土地を不法に占拠している某半島人の扱いもままならなかったのに、不良異人が流入してくればどうなる事かす. 権力を笠に着て相手を屈服させる態度が、どんなしっぺ返しにつながるか、冷徹なまなざしで追っていくのがこの作品だ。どの側に肩入れするわけでもない努めて客観的な姿勢を保ちながら、怒涛の終盤へとなだれ込み、鮮烈なラストショットにあらゆる者の怒りが凝縮される。最後にヴィクトル・ユーゴーの『レ・ミゼラブル』から引用した一節が画面に浮かび上がり、そのシンプルなメッセージが静かに強く観客の胸に突き刺さる。見事な手法としか言いようがない。 冒頭のシーンを思い返すと、その20年前にもあった熱狂がよみがえってくる。ジダンをはじめとする移民家庭出身の選手たちが活躍し、地元開催のW杯で初優勝した1998年のフランスだ。人々は、三色旗の「ブルー・ブラン・ルージュ」(青・白・赤)をもじった「ブラック・ブラン・ブール」(黒人・白人・アラブ)の合言葉を誇らかに唱え、多文化共生の成功を称えたものだった。その歓喜の渦の中に、年若いラジ・リもいたはずだ。しかしそれも長くは続かず、やがて幻滅へと変わり、蓄積した怒りが暴発したのが7年後の年だ。前述したように暴動は3週間続き、11月17日に警察が「終結宣言」を出すのだが、それは前夜に放火された車の数がようやく「平常値」に戻ったからだった。その数は98台。フランスの問題地区では、1日に100台の車が燃やされるのが日常であり、それは今も変わらない。 ©SRAB FILMS LYLY FILMS RECTANGLE PRODUCTIONS ラジ・リ監督がこの映画で訴えるのも、「あのときから何も変わっていない」ということにほかならない。『レ・ミゼラブル』に登場する子どもたちの大半は、あの事件の後に生まれた。政治家や市民、あらゆる大人たちが、悲惨さを見て見ぬふりし、ごまかし続けてきた十数年間に育ったモンスター予備軍だ。彼らの怒りが何に向けられているか、大人は考えなくてはいけない。鬼気迫る力作を前に、「日本は平和だ」などという、ありきたりの気の抜けた感想は恥ずかしくて口に出せないだろう。 ©SRAB FILMS LYLY FILMS RECTANGLE PRODUCTIONS. アメリカの世論調査機関ピュー・リサーチセンターの推計によると、外国からアメリカに移り住んだ移民は、アメリカの全人口の14%にあたる4400万人以上にのぼる。 このうち、1000万人以上が不法移民だとされている。 アメリカが成長を続けてきた背景には、世界中から絶えず受け入れ続けてきた移民が、アメリカ経済の底辺を担ってきた側面がある。 しかし、新たな移民の増加によってアメリカの人口構成も変わり、低賃金で働く移民に仕事を奪われかねないと感じる低所得者をはじめとする人たちの間には、自分たちの地位が脅かされているという危機感がある。 こうしたことなどから、アメリカの調査会社のギャラップ社が行う月例の世論調査で、最近では「移民問題」をアメリカの最も重要な問題として挙げる人が最も多い。. 欧米の映画には移民を描いたものは少なくありません。アメリカは移民の国であり、先住民を除けば基本的にアメリカ人は移民か移民の末裔ですが、最近では移民が増えつつある欧州やカナダの問題意識が特に高いようです。移民に関する映画の多くは文化的な軋轢、移民の苦労などを描いた.

海外映画といえば、昨今は原題を大幅に改めた分かりやすい邦題が多い中、めずらしくオリジナルのカタカナ表記をタイトルにしたのが本作。しかし第一にそれが想起させるのは、熱烈なファンが「レミゼ」の愛称で呼ぶ、あのミュージカル作品であるに違いない。 だがこれは、例の作品とは似ても似つかぬ別の物語である。時代はナポレオン率いるフランスがワーテルローの戦いで敗れた1815年ではなく、フランスがサッカーで世界を制した年だ。200年前の話を現代版に仕立てたわけでもない。とはいえ監督は文豪ヴィクトル・ユーゴーのあの名作を意識している。その真の狙いを伝えるにはこのタイトルしかない。その理由は映画の最後に分かる。 『レ・ミゼラブル』の舞台モンフェルメイユは、世界的に有名な写真家・アーティストのJRが育った町。ラジ・リ監督とも親しい。町中の至るところに彼の作品が飾られている ©SRAB FILMS LYLY FILMS RECTANGLE PRODUCTIONS この意表を突いたタイトル選びを正当化するのは、まず舞台が小説にも登場する「モンフェルメイユ」であること、そしてそこに描き込んだのが現代の「ミゼラブル」(極貧者あるいは卑劣漢の意)ともいえる人々であることだ。この2つの単語は、現代のフランス人なら、たとえユーゴーの小説を読んだことがなくても、容易に結びつけることができる。モンフェルメイユとは、パリの北東セーヌ・サンドニ県にある、フランスで最も荒廃した地区の一つなのだ。今からおよそ14年前に全国の都市郊外で勃発した暴動は、このモンフェルメイユと隣のクリシー・ス・ボワが発火点だった。 『レ・ミゼラブル』のラジ・リ監督は1980年生まれ 当時のフランスをよく知る人は、この映画を観ればすぐにあの事件を思い出すに違いない。年10月27日、クリシー・ス・ボワでアフリカ系とアラブ系の少年2人がパトカーに追われ、逃げ込んだ変電所で感電死した事件だ。それをきっかけに、移民家庭出身の若者を中心とする集団と警官隊が激しく衝突し、やがて暴動が全土に飛び火したのだ。騒ぎは3週間にわたって続き、負傷した警官は全国で200人超、逮捕者は3000人近く、燃やされた車は9000台以上にのぼった。 このときに地元で激化した暴動をビデオで撮影し続けたのが、のちに『レ・ミゼラブル』を監督するラジ・リだ。. 毎朝ワイドショー番組をつけて家事をしているのですが、本当に嫌というほど、この「貧困」「貧しい」という言葉を聞かされます。 その時の決まり文句が「イタリアの家族は、月末にはもうお金がない」というフレーズです。 特徴的なことは、やはりいつもイタリア内での南北の格差が言われていますが、この貧困層が南イタリアでは人口の半分にもなります。 また、若い世代がより貧困であり、親の世代より収入も少なくなっているということです。 日本でも親といつまでも暮らしている子どもがいると話題になりますが、イタリアでも同じです。独立するだけの収入が得られないという現実があるからです。 ただ、こちらは若い人の間ではルームシェアなどをしてる人も多く、家賃を節約しています。. 移民の問題に関しては、私はイタリアは寛容な国だと思っています。やはりキリスト教の精神が浸透している国だと感心します。 日本人なら移民と聞くだけで近づきたくないという気持ちがすぐ湧いてくると思いますが、こちらの人は気軽に話しかけたりしています。 ただ、そういったイタリアの国でも移民受け入れ反対の意見が増えているというのは、自分たちの生活が不安定であるということの裏返しとも言えます。 本記事は、年10月23日時点調査または公開された情報です。 記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。. 。 ここでは、リベリアでのゴム農園、そしてニューヨークでのタクシードライバーとしての仕事と、労働そのものが丹念に描かれる。いずれも彼にとっては「報酬を得るための手段」であり、時間の切り売りではある。しかし、「仕事」とはそこにプラスされるべき「何か」があるはずなのだ。 日本で働く外国人にも、そうした姿勢を垣間見ることがある。以前、ある韓国料理店の女性が、車椅子で訪れた若い日本人客に懇切丁寧な対応をするのを見かけた。気持ちいいほどの見事な接遇であった。仕事もまたコミュニケーションの一つであり、自国だろうと海外だろうと、コミュニケーションが生活の基本であることに変わりはないということなのだろう。. 移民受け入れ反対派の主張が正しいとすれば、移民にやさしくない日本は圧倒的な経済大国になっていたはずだ。 だが、日本はそうではない。経済・人口の両面で、危機に直面している。ブルームバーグが今年7月に発表した分析結果は、. 移民(いみん)とは。意味や解説、類語。名(スル)個人あるいは集団が永住を望んで他の国に移り住むこと。また、その人々。現在では「移住」「移住者」の語を用いることが多い。「多くの日本人が新天地を求めて移民した」 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど. 今年3月の総選挙を経て、6月から新政権が成立しました。 高い失業率や高い税金、政治家の汚職、さらに大量の移民流入など社会問題が山積みのイタリア国民の意思を反映した政権と言えます。 イタリア国民の不満は、いくら働いても生活が改善しないということに尽きますが、新政権がまず行ったことはヨーロッパ連合に対して移民の問題を共に解決していってほしいと主張したことです。 今までの政権がこうした強い姿勢を見せたことはなく、長い議論の末、様々な問題解決のための案や策で合意を見せたことは、新政権の一定の成果と言えます。.

「移民」政策でアメリカは日本の先輩格である。当然、いざこざも数多く経験している。29年前の作品『グリーン・カード』(1990・ピーター・ウィアー監督)は、ラブストーリーの衣をまとってはいるが、アメリカにおける永住権(グリーンカード)がテーマとなっている。 フランスから来たジョージ(ジェラール・ドパルデュー)は長期滞在のために永住権を取ろうとしていた(ジョージはウエイターとして働いているが. こうしたドイツの移民・難民政策に対する悲観的な評価は、日本の外国人労働者・移民の受 け入れに関する反対論、すなわち受け入れに伴う社会的影響、コストを問題視する立場におい て用いられることが多い。. こうした社会背景から、イタリア人の移民受け入れに対する考え方が変化しているという報告があります。 ある調査研究所の報告では、すべての移民たちの受け入れに賛成する人たちは19%、それに反対する人たちが27%、一部の移民を受け入れ賛成とする人たちが50%になります。 この報告では、移民受け入れに反対する人たちが年々増えているそうです。また、移民に対してイタリア人が警戒心を持ったり、敵意を抱いたりという傾向も以前より増えているとのことです。 確かにテレビの討論番組などで、自分たちが払っている税金が自分たちのためというより、移民たちのために使われているという意見を多く聞きます。 また、街の治安が悪くなるなどもよく聞かれる意見です。 私の町にもアフリカ系の青年たちがいますが、だいたいスーパーの前で買い物カートを元の場所に戻して、1ユーロ(132円)や50セント(66円)をもらうという小銭稼ぎをしています。 移民反対の映画 南イタリアでは、大型スーパーの駐車場で車の誘導をして小銭を稼ぐ人たちもいるそうです。 日本のように雇われて車を誘導する人がいるわけではないので、仕事にはなるのでしょうが、私たちからすると. See full list 移民反対の映画 on nippon. この『グリーン・カード』の日本版ともいえるのが、『ラブ・レター』(1998・森崎東監督)だ。ただ、こちらの「偽装結婚」は完全にペーパーマリッジである。 裏ビデオ店の店長を任されているチンピラ、吾郎(中井貴一)は、社長(根津甚八)から中国人女性・白蘭との偽装結婚を持ちかけられる。彼女は風俗店で働き、国に金を送金しようとしており、そのためには長期間の滞在が必要だったのだ。 吾郎は80万円という謝礼に惹かれ、偽装結婚を引き受ける。白蘭と会ったのは、入国審査の際の一度だけ。審査は難なくクリアし、それ以降、吾郎は白蘭のことなど忘れてしまっていた。ところが、ある日、地方で働いていた白蘭が病死したという知らせが入る。形だけであるが「夫」の自分が遺体を引き取りに行かねばならない。 海辺の町に赴き、遺体を荼毘(だび)に付して遺骨として持ち帰ろうとする。 荷物を取りに、寮とは名ばかりのタコ部屋のような部屋に寄った時、白蘭がつたない日本語でつづった、吾郎に宛てた手紙が見つかる。故郷のこと、毎日の暮らしのことなどが書かれている。それは一度しか会ったことのない吾郎へのラブ・レターでもあった.

安倍政権が「移民政策」を押し通そうとしている。人手不足の分野で外国人労働者を受け入れるというものだが、筆者の窪田氏は危機感を覚えて. 【天国の門】 ロシア系と東欧系の移民を虐殺する話です。 ジョンソン郡戦争という実際にあった出来事を元にしているため このテーマは公開当時のアメリカではタブーで、そのため映画は 評論家たちによって叩かれ客は不入りで、製作した映画会社は倒産に追い込まれました。. 日本映画『月はどっちに出ている』(1993・崔洋一監督)は、スナックで働くフィリピン女性(ルビー・モレノ)とタクシー運転手(岸谷五朗)との恋愛ドラマであるが、このタクシー運転手が在日コリアン(二世)であることから話は複雑化してくる。 共に「外国人」ではあるが、背負っているものが大きく異なっている。片や、フィリピンに家族がいて、仕送りをしなくてはならない女性。片や、かつて親の世代が日本に渡り、それなりの地歩を築き(母親がスナックを経営している)、それなりの暮らしを営んでいる男性。 この二人の間に、たとえばタクシー会社の従業員のような「日本人」を入れることで、外国人労働者の立場がより鮮明になってくる。つまり、彼女らが風俗店や単純労働の現場で仕事をしなくてはならないことは事実なのだが、そこには同じような境遇の日本人たちも大勢いるということだ。 似たような暮らしをしているものの、文化そのものはまったく違っている。同じ職場であっても、思いがうまく伝わらないもどかしさがあるのだ。 イギリス映画『やさしくキスをして』(・ケン・ローチ監督)でも、イスラム系移民の男性とアイルランド人の女性との恋愛が描かれる。 ロシーン(エヴァ・バーシッスル)はスコットランドのグラスゴーにある高校の音楽教師。その高校は厳格なカトリック系の学校で、地域の教会の司祭が人事権を持っている。 この女性教師が、女子生徒タハラ(シャバナ・バクーシ)の兄カシム(アッタ・ヤクブ)と出会う。カシム兄妹はパキスタンからの移民二世で、こちらもまた敬虔(けいけん)なイスラム教徒。そして、カシムには同胞の許婚(いいなずけ)がいる。 ロシーンとカシムは恋に落ち、共にスペイン旅行に出かけたりもするのだが、互いの宗教的立場から交際を阻む力が働いていく。ロシーンは司祭からイスラム教徒との付き合いをやめなければ教師は続けさせられないと告げられるし、カシムの方も許婚との結婚話が勝手に進められていく。そして、二人に別れがやってくる. 9%となります。ヨーロッパではギリシャ、スペインについで3番目に高い失業率です。 年の統計ですが、15歳から24歳では32. 移民受け入れの責任を突き止め、反対し、批判したいとその矛先は尋ねられれば、おそらく日本の長期政権、そして安価な労働の下で現状の生産.

See full list on www3. 政府が、少子高齢化に伴って激減する労働力人口の穴埋め策として、移民の大量受け入れの本格的な検討に入った。内閣府は毎年20万人を受け入れることで、合計特殊出生率が人口を維持できる2・07に回復すれば、今後100年間は人口の大幅減を避けられると試算している。経済財政諮問会議の. . 移民反対論者の一部に、「高スキルの移民だけは認めてもかまわない」と述べる人たちがいる。 その気持ちはわかるが、その論説は滑稽としか. 改正出入国管理法が国会で可決され、外国人単純労働者の事実上の受け入れが決まった。今後5年間で最大約34万人の受け入れを見込んでいる。. 難民受け入れに積極的であった北欧やドイツ、フランス、イギリスなどでも、結局のところ、中東系流入民はその土地の市民とは同化できない。そればかりか、シリア系、イラク系、アフリカ系と流入民ごとに分離する。しかも、それぞれが独自のイスラム法解釈による排他的地区を形成してしまう。 彼らは自分たちが占拠した地区を「イスラム・フリー・ゾーン」と呼ぶ。 最初の頃は、「難民歓迎!」と言っていた。ドイツでは、年に全国40ヶ所の流民収容施設を作ったが、予想を遥かに超える大量流入した。そのため、昨年度末では、ドイツ全土で新たにその3倍に収容施設が開設した。それでも応じきれない。その為に、学校の体育館なども彼らの宿舎として開放している。 そうなると、劣悪な住環境であるために、流民たちの不満が高まる。いや、そればかりではない。体育館が使用出来ないために、市民や生徒たちの不満も尋常でなくなっている。学校の敷地内の治安も極端に悪化している。.

2 days ago · 米nyで現地時間11日午後4時8分、移民の拘束に反対するデモに車が突っ込んだ。デモ参加者らがはねられたが、生命に危険がある人はいないとみ. 今後ますます在日外国人が増加していくなかで、権利・政策・体制など幅広い分野に及ぶ包括的な「移民基本法」の制定が必要だという意見があります。 【自由民主党】反対. 。 移民反対の映画 1世紀前の冤罪事件ではあるが、こうした移民への視線は今も大差ないだろう。確かに、人権意識は浸透しているが、「よそ者」への差別意識は根強く残っている。 これは、日本でも取り上げられる「地域エゴ」の表出を見ていると明らかだ。誰もが自身の周り「だけ」は安泰であってほしいと願う。世の中に必要なものであっても、できるだけ遠ざけておきたいのだ。 外国人を、単なる「労働力」としてだけ受け入れようとするなら、必ずどこかに歪みが出てくるだろう。そのことを知ったうえで、私たちは「共に働き、共に生きる」術を学ばなくてはならない。 入国管理局公式サイト:入管法及び法務省設置法改正について 法務省公式サイト:新たな外国人材受入れ(在留資格「特定技能」の創設等) 山村基毅(やまむらもとき):1960年、北海道出身。ルポライター。インタビューを基軸としたルポルタージュを発表。著書に『ルポ介護独身』(新潮新書)、『戦争拒否』(晶文社)、『民謡酒場という青春』(ヤマハミュージックメディア)とさまざまなテーマにチャレンジしている。映画が好きで、かつて月刊誌にて映画評を連載したことも。. こういう流民収容施設不足を解消する手段として、ドイツ政府は昨年12月18日、ドイツ西部の保養地シュライデンの小高い丘の上に立っている立派な建物、元・ナチス幹部学校を流民収容のためへの転用を決定した。そこは、かつてヒトラーの命令で、アーリア人種優越思想教育をしていた場所である。温泉や古城もある風光明媚な峡谷の施設である。そこでは、ユダヤ人、ジプシー、その他の非アーリア人を見下す洗脳講義が展開されていた。そういう場所であったことを知ってであれ、知らずにであれ、いったいどのような思いで流民たちはそこで生活再建の方策を探るのであろうか? 人里離れた山奥であるから、保養には適しているが、難民は町が恋しくて施設を脱走するのではないか? もちろんその施設だけでは到底足りない。ベルリン郊外のテムペルホフ飛行場も流民用宿舎として充当している。ここは、かつて東西冷戦時代に東ドイツの秘密機察が西側の電話を盗聴していた基地であったために、たくさんの小部屋が設置されている。ここに収容される流民には、他に例をみないプライバシーが、確保される。 いったん国家が流民の受け入れを表明すると、たちまち、こうした現実と対処せざるを得なくなるのである。 自分のほうから志願して中東やアフリカなどの難民支援に出かけるのは、個人の好き勝手である。だが、難民が流入するのを受け入れることは、同情心だけでは解決できない様々の問題を抱え込むことに発展する。その点を、今のうちに日本国民ならびに政府に警告しておきたい。 次ページ>>ドイツではエリート層の労働者軽視が原因で大変な事態に.

Phone:(456) 664-5822 x 1277

Email: info@nbdq.dragon7.ru